街角景気2カ月ぶり改善

内閣府が2010年3月8日発表した2月の景気ウォッチャー調査によると、街角の景気実感を3カ月前と比べた現状判断指数は前月比4・1ポイント上昇し48.4となり、2カ月ぶりに改善しました。前月は日本海側を中心とした大雪の影響で消費が冷え込み3カ月ぶりに悪化しましたが、2月は比較的天候に恵まれたことが主因と見られています。

エコカー補助金の終了やエコポイントの半減による販売の落ち込みも収まりつつあるとみているようです。

基調判断は「景気は、このところ持ち直しの動きがみられる」とし、前月からの据え置きです。2~3カ月後の景気を示す先行き判断指数は、47・2で2月から横ばいを見込んでいます。

現状判断の内訳をみると、家計動向関連が4・9ポイント上昇の47・3。うち小売が6・4ポイント、飲食が4・5ポイント上昇するなど、消費の回復が改善につながったとみています。企業動向関連も2・6ポイント上昇の46・9に回復したということです。

さて、どうでしょう。これから商品価格があがりそうです。「小春日和」に終わりそうな気もします。

Sponsored Link
◇ゼロから億の資産を築き上げる方法◇【海外不動産投資】毎月3万円~でOK!歴史上例外のない不動産価格の上昇!自己破産から5年で10億円稼いだ男の‘世界一簡単であろうお金の増やし方’大公開

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>